これだけは知っておこう!しわ予防の基本3つ

乾燥を防いでちりめんじわ対策!

年齢と共に気になってくるのがしわですよね。鼻の横から口にかけてできるほうれい線、顔全体にできる細かなちりめんじわ、表情によってできる表情じわなど、様々なしわができてしまいます。しかし、普段から気を付ければ、しわは予防する事ができるのですよ。基本的な予防法を紹介していきますので実践してみましょう。まず、しわができる大きな原因は乾燥です。乾燥がひどくなると目の下などに細かなちりめじわが目立ってきますので、化粧水でしっかりと水分を与え、乳液やクリームで水分が蒸発しないようにしましょう。

自分の表情を意識してみよう

額や眉間、目の横などは、ほかの部分よりもくっきりとしたしわができますよね。これは表情じわと言って、表情を作ることによってできるしわです。難しい表情をした後など、眉間にくっきりとしわが残ってしまった経験がある人も多いでしょう。同じ表情を何度も繰り返すことによって、どんどん深くなって目立ってしまうのです。表情じわの予防は、表情を意識して、できるだけしわができようにする事です。笑いじわは難しいと思いますが、額にしわを寄せる癖をやめるようにしたり、いつも怒ったり難しい表情をしないようにするだけで違ってくるのですよ。

年齢を感じさせるほうれい線の予防とは

しわができる原因は、潤いとハリ成分が失われる事によって起こります。また、これらの成分が減少するとたるみも起こってしまいますよね。たるみの中でも、頬のたるみはほうれい線を目立たせてしまい、老けた印象を与えてしまいます。ほうれい線の予防には、肌にハリを与えるコラーゲンや、潤いに必要なヒアルロン酸やエラスチンなどを意識して摂取する事です。また、筋力の衰えもたるみの原因となるため、顔のマッサージや筋トレを行って引き上げるようにすれば、ほうれい線予防につながります。

自宅でできるしわの対策としては、美容液や美顔器が挙げられます。美容成分を配合した美顔マスクも人気です。