気になるニキビ跡は治療で改善可能?諦めずに相談してみよう

諦めていたニキビ跡も治療できれいになる?

思春期だけでなく、大人になってからもニキビに悩まされる人は多いですよね。また、ニキビが治った後でも、ニキビ跡がいつまでも消えずに残ってしまう事があります。ニキビ跡は実は3つの種類に分類することができ、1つは色素沈着、1つは赤み、そして最後がクレーターです。どれになっても嫌ですよね。しかし、これらのニキビ跡も、治療すれば改善することができるのですよ。もう一度美しい肌と取り戻したい!と思うのであれば美容クリニックに相談してみましょう。

美容系クリニックで治療しよう

ニキビ治療といえば皮膚科を思い浮かべる人も多いでしょう。皮膚科でも治療を行っていますが、美しさを重視するのであれば美容皮膚科や、美容整形外科などのほうがおすすめです。保険適応外の医療となってしまいますが、医療機器を使った治療も受ける事ができるのですよ。まず色素沈着に効果的なのがケミカルピーリングです。乱れた肌のターンオーバーを正常にし、メラニンの排出を促すことによって改善していくことができるのですよ。

レーザーや光を使った治療方法とは

赤みのあるニキビ跡は、炎症がまだ残っている状態です。そのような場合には、光治療を行って毛細血管に働きかけて赤みを薄くしていきます。そして肌がでこぼこで、まるでクレーターのようになってしまった肌は、光やレーザー治療で、コラーゲンを生成させるなどによって肌を再生させていきます。他にも内服薬や塗り薬などの治療もあるので、その人の症状に合った治療方法を提案してくれるのですよ。治療を受けなくても大丈夫なので、一度相談してみると良いでしょう。

ニキビ肌のトラブル・悩みを抱えてる方、読み手の方が1番気になることを直球で大きく、ニキビ跡を消す方法と書きました。